PSP「デス・コネクション」PSP「デス・コネクション ポータブル」の
メディシスルートの攻略・感想・ネタバレです!
メディシス ルート

ファミリーの金庫係で、裏のボスと言われている。
ファミリーには一番長くいる。
叔父は資産家のレナード・ローレッツォ。
女に触れると気絶をしてしまう。
温和で紳士的な言動なので、グロリアと同じく頼れる人。
呼び方は「アメリア」「メディシスさん」。
地獄に堕ちた罪「傲慢」(あまり意味なし)。

共通ルートで面白かったのは、ニコールが男女について
教えた後、アメリアが転びそうになったのを受け止めるの
かと思ったら、危ないっ、といいつつ避けます、って!
なんだ~、その冷静な対処の仕方はっ。
面白すぎて、思わず吹いてしまったじゃないか~。(笑)
その後の説明で、メディシスの過去の恋愛話が聞けます。
若い頃は恋愛ごっこだけどよく遊んだこと、
祖母が死んでから、病気が始まり、それを知った相手が離れてしまうと。

ハロウィンの衣装が倉庫から出してきたもので、
ここで分かったのではないのですが、ダレンツィオの趣味とか。
アメリアの趣味じゃなくてよかったけど、もう少し、
仮装の内容は考えて欲しかったなぁ。つまらないです。(苦笑)

ここから個別ルートへ。メディシスの場合は2人ルートと
いうのがないんですね。まあ、7人だし、そうなるのか。

死者の日に死神同士で争って気絶した後、メディシスの夢から。
敵にコールされたのであってはプライドが許さないこと、
祖母の始期が近い頃、祖母から屋敷と財産を託されたこと、
争っているステファノ(メディシスの父親)とレナードの
息子2人よりもメディシスを気に入っているから、と。
メディシスの本名は、メディシス・フィルベルトでした。
いつまでも家に縛られるなという優しいお祖母さんだったんですねー。

今回はヴィシャスが起きるまでの3日前の話し合いが
追加されています。命令中は記憶がないこと、グィードの屋敷に
コールされて赤いものを飲んでから公園で目覚めたこと、
グィードがアメリアの血を欲しがっていること、など。
その後、メディシスとの会話でわかったことは、
丁寧な口調は厳しい両親に育てられたからであること、
よく祖母のところに逃げ込んでいたことが分かります。

ヴィシャスが起きた後の夜、ボスの娘が家事をやっていることを
あまりよく思っていないことが分かりますが、アメリアが
やる気満々なので、とめようがない感じです。

翌朝、メディシスがレナードに会いに行くというので
ついていくことに。用件は、嫌な噂が出始めた屋敷が
壊されないように名義を貸して欲しいということ。
マフィアの屋敷に死んだはずの人間が…ってやつです。
死んだ人間だと手続きに問題があるなら、アメリアの名義でも
よさそうな気がするけど、親子の証明がないから無理か~。
その対価として、アメリアをもらって愚息の遊び道具に…、
と言い出したので、静か~に怒り出すメディシス。
結局、こちらは死神でいつでも殺せるという脅しをかけて、
無理矢理承諾させました。
今回のスチルはちょっと怖そうなメディシスの表情が
見られました~!優しそうな顔もいいけど、こっちもいいなぁ♪

屋敷に戻った後、グロリアからメディシスの家のことを
少し聞けます。メディシスの父親と叔父は財産や家督をめぐって
仲が悪いこと、祖母の遺産をメディシスが受け継いだ後、
レナードがちょっかいを出してきて、流してはいたけど、
サルヴァトーレのメインバンク銀行を買収された時には、
すごく荒れたこと、など。メディシスはファミリーを大事に
思っていたからこそ、これだけは許せなくて、憎んでいるということに
なるのかな。

バーでのメディシスとセルビアとの会話で、メディシスは
裏切り者にはグロリア以上に厳しいと分かります。
2人とも真面目でファミリーに忠実なんですね~。
戻ってきたメディシスとの会話で、頭の回転がよくて、
しっかりしてて、大人の人というイメージだと言ったら、
喜んでくれて、翌日、デートに誘われます。
そこで父親のことを聞くと、大らかで優しくていたずら好きな
楽しい人だったこと、マフィアには向かない雰囲気で、
自分が裏のボスだと言われていたこと、でも人を惹きつける
ところがボスの器だったこと、蘇った今でもボスを尊敬している
こと、などが聞けます。
父親を褒めてもらうことで会ったことない父親を大好きになれる
というアメリア。

ルチアーノの裏切りのことをメディシスとヴィシャスが
話していたところにアメリアがきて、ヴィシャスとじゃれあう
会話をしたのを見て、2人を羨ましく思うヴィシャス。
そして、コールされた意味を考えています。
ヴィシャスルートではこんなに砕けてたかなぁ。
何かすごくいい感じの友達っぽい雰囲気で楽しそうです。

いつも何かを考える癖がついているメディシスに、
レオナルドが頭を休息させた方がいいとアドバイス。
実践してみますが、周囲が騒いでいて、なかなか難しい感じに。
後で、アメリアがお茶を部屋に持っていくと、こういう好意も
疑ってしまうというようなことを。まあ、裏の世界には
いろいろあるだろうし、現に、仲間に裏切られてますしね。(苦笑)
ここでアメリアが、自分はメディシスを騙せないから、
安心して欲しいという流れから、女性は男性を騙すもので、
騙せる男性が多いほど女性は魅力的だというので、
アメリアがそれについて悩むとニコールの怪しげな
アドバイスが加わり、メディシスに今夜一緒に寝て欲しいという
怪しげな嘘をつく流れに。いくら恋愛に無知でも、ちょっと
短絡的というか、子供的思考なのは微妙かな。

メディシスとの買い物中に、耳栓があれば命令を聞かなくても
済むかもというアメリアの案からヒントを得たメディシス。
といっていたら、グロリアとルチアーノが登場!
当然、操られてます~。(笑)
でもメディシスは…、逃げろというくらいだから、
何とか操られていない模様。アメリアを庇って攻撃を受けてくれ、
ジャンの裏の行動のお陰で2人が気絶、メディシスはアメリアに
触れられて気絶。
部屋に戻って目覚めた後、命令を拒む方法が明かされます。
命令が聞こえたら、他の事を考えて声を聞かないようにすると。
今回は、攻撃を受けながらだったから、ギリギリだったと。

ある日、ファミリーに入った順番が判明。
これまでのルートで分かっていますが、
メディシス、レオナルド、グロリア、ニコラス。
ここにはいないけど、この後はルチアーノ、ヴィシャスの順です。
グィードがサルヴァトーレにいたのは19歳頃のメディシスが入る
数年前のことらしいです。
グロリアが入った時は元警察官ということでかなり疑われた模様。
今は、多分、一番信頼してそうな感じがするかな。年上で大人だし、
人一倍真面目で正義感が強いし。

メディシスが出かけるのについていくと、祖母のお墓。
鍵を取りにきたのが本当の目的です。病気が治る魔法の鍵らしい?
この時の話をニコールにすると、口実をつけて、アメリアに
ついてきて欲しかったんだろうということで、メディシスは
アメリアが好きだという結論に。ヨシュアがそれを聞いても、
他のキャラほど騒がないのは、メディシスが女性に触れない
からですが、触れるようになったら、騒ぐんだろうなぁ。(笑)

一方、レナードの銀行からグィードが勝手にお金を引き出したので
レナードが文句を言いに行くと、死神対策に必要だということで
メディシスを恐れているレナードに、薬ができたら一番に
渡すという条件で、お金を使わせることに。

後で、メディシスから家のことを聞くことができます。
由緒正しい家柄であること、家や名誉のために教育されたこと、
親の言いなりで大学に行き、銀行に就職したけど、
その時は反発する考えもなく、でも祖母に「生きているけど
死んだ人間と同じ目をしている」と言われ、笑ったことがないと
気付いたこと、恋愛も親のいうままの相手だったこと、
それから祖母の屋敷に通い、欠けていたものを埋めようとしたこと、
祖母の死期が近づき、屋敷と財産を譲ると言い出したこと、
両親も叔父も祖母の容態を全く気にしていなかったこと、
最初は看病していたけどそれが辛くて足が遠のき、
祖母の最期に立ち会うことから逃げてしまい、気付いていた祖母が
「自由に生きなさい」という手紙を残したこと、その時、
生まれて初めて泣いたこと、銀行を辞めて、屋敷だけを残して
祖母の遺産を慈善団体に寄付し、両親に失望して家を出て、
それをきっかけに女性を遠ざけるようになったこと、
貯金が底をついた頃、祖母と同じことをいうボスと出会い、
ファミリーに入って友ができ、充実した日々を送っていたこと、
など。結構、一気にネタバレきましたね~。

朝食の後、メディシスが転びそうになって、思わず、
壁ドン姿勢でのアメリアへの事故キス!
気絶しないことへ驚くメディシス。あ、気絶した。
一瞬でしたね~。(笑)
ニコールの前で、そのことをアメリアが内緒ということで
バラしてしまいます。
メディシスもニコールも病気やら男の身体ということで、
相手に対して踏み出すのを躊躇うという共通点があり、
ニコールとしても共感できるわけです。
しかし、茶化すところはしっかりし、他の人たちにも
しっかりバレますが。
そこにジャンが現れ、グィードが何か作っていると忠告。
結局、グィード襲撃は中止となり、相手の出方を待つことに。

メディシスがオペラでレナードと会い、グィードの企みを
それとなくというか、割と正面切って聞きだそうとします。
帰り道、グィードの命令が発動されますが、何とか阻止し、
グィードの屋敷で特殊な薬を使ったグロリアたちと対決。
ジャンも現れますが、傍観者なので何もせず。
ここで、メディシスが躊躇いつつも存在を狩る力を発動。

その後、全ての人の頭からグロリアとルチアーノがいたという
記憶が消えてしまいます。戻ったメディシスはそのことを
誰にも言わず、自分の胸に秘めることに。
狩った時に自分を消さなかったのは、自分にはこの世界に
遣り残したことがあるのかと考えてもいます。
それをアメリアに話すと、ここに残る理由は見つければいいと。

当然、グィード側の記憶からも消えていて、コールしたのが
メディシスだけだと思っていて、メディシスは命令を
拒否できてしまっているので、持ち駒がいなくて困っています。

気分転換だと街に出かけたメディシスの前にジャンが現れ、
能力が目覚めたメディシスにはもう興味がないと、
地獄に飛ばされてしまいます!えー、そんな展開?!
地獄ではグロリアたちが戻っていて、3年間の記憶も戻り、
普通に会話できています。能力は地上限定なのかな。
そして、死神としての地上での生活がアメリアとヨシュアの
お陰で楽しかったと。

メディシスが戻らないと全員が心配し探しますが、その中でも
アメリアが特に泣くくらい心配しています。
それぞれの頭の中ではグロリアとルチアーノがいた気配が
残っていますが、それは結局、思い出されることはなし。

地獄では、グロリアのお陰で、メディシスが地上に戻れることに。
狩る力を無くした状態で戦うということでジャンを楽しませると。
戻った先がアメリアの部屋で、アメリアが泣きながら抱きつくのを
嬉しく思うメディシス。ついでに、気絶もしてません。(笑)
この後、全員がメディシスから地獄のことを聞く流れに。
この時、地獄はこの世の上か下かという話に。
ジャンは「下」と呼んでいますが、この世では天国は上、
地獄は下というのが一般的ですね。レオナルドの説明では
この世界が一番下で、上に天国と地獄があり、死後は
そのどちらかにいくか、行けずに魂だけの存在になると。

この後、メディシスが戻ってきた祝いにバーへ。
レオナルドとアメリアは留守番組でケーキを作ることに。
バーでは、気付いていないけどアメリアはメディシスが
好きだという話になり、驚くメディシス。メディシスも
心の拠りどころをアメリアに求めていたことに気付きます。
その後は、強いお酒でヨシュアをつぶす作戦が大失敗という
楽しい展開に。

翌日、アメリアに拠りどころのことや能力と引き換えに
戻ってきたことを話した流れで、愛したい人、という
メディシスの意味深な言葉で悩むことに。
再び、ニコール相談室へ。(笑)
ニコールがメディシスにきっかけがあればアメリアが
自分の気持ちをはっきりさせられる的な話をしたので、
祖母の屋敷に泊りがけで行く誘いを。
泊まりの意味を知らないであろうとメディシスが説明しようと
したら、ちゃんとニコールから聞いていて知っていました。

祖母の屋敷で、食事の後に告白をしたら、疲れてアメリアが
眠っていて聞けず。すぐに目を覚まし、アメリアから
気持ちを聞かせてくれたら教えるという甘い流れに!
スチルでは微妙に押し倒されてます~。
泊まることで特別な関係になれるとニコールから聞いていて
好きだということで、両想いに。
翌日は帰りたくないと思う2人の意見が一致して、
もう一晩泊まることになり、また二人でここにくる約束をします。
その後、メディシスのパジャマを借りたら、ぶかぶかで、
それが予想以上に可愛かったらしく、メディシスに
後ろから抱きしめられちゃいました~♪
ここまで、一応、恋愛らしきことにはなってたけど、
甘くなかったから、ようやくという感じですね。

グィードとジャンの契約シーンを挟んだ後、
駅に着くと、ジャンが死神たち相手に大暴れ中!
ヨシュアはこの時点でジャンに殺されたと…。
能力を目覚めさせること泣く、レオナルド、ニコール、
ヴィシャスの順に消され(地獄行き)、泣くアメリア。
ここで大きなネタバレがっ!
アメリアがコールしたから死神が呼ばれたのではなく、
全てはジャンが仕組んだことというだけでした。
2つに死神が分かれたのも最初から意図的なのは分かってたけど
契約とか必要なかったということになるのかな。
ということは、他ルートでの2度目のコールとかも
ジャンの気まぐれということになりますね。
長い時を生きる苦痛から楽しみを求めてのことだと。
ギリギリで、メディシスがジャンを楽しませないことを
思いつきます。予定が狂って死神同士の戦いが見られ
なかったため、メディシスとの戦いを最後に持ってきて、
朝日で消えるタイムリミットがジャンにも有効であることにし、
スリルを楽しむというもの。
結局、ジャンを満足させられなかったということで
メディシスも消されてしまいました。
ジャンが消える直前に、アメリアにエレボスを渡し、
ダレンの娘なら、面白いものを見せてくれるはずだと。
ジャンは数百年の中でダレンが一番面白かったと告白。
よっぽどのお気に入りだったんですね~。

ハッピーエンドは、1年後、地獄でダレンツィオの姿のジャンと
グィードが話しています。器を替えたんですね~。
アメリアはエレボスだと気付いていなくて、
シスターに戻った後、街でレナードと遭遇。
家事情を聞いていると、メディシスのことを理解していて
本当は悪い人ではないのかも、と。
その後でメディシスに会いたいと思ったら、鍵を拾う
メディシスが登場!というところで終わり?!

バッドエンドは、メディシスがジャンに消されて終了。

「メモリーズ」のスペシャルイベント

本編の続きが見られました~!よかった~。(笑)
2人で祖母の屋敷へ行き、エレボスについて聞かされます。
ジャンの次の楽しみは、死神全員をグィードと契約させ、
何人がアメリアにコールされるか、だったと。
アメリアはグロリアとルチアーノのことは覚えていないから、
2人が呼ばれることはかなり奇跡的だとは思いますが。
大団円パターンも見たかったなぁ。
ちなみにヨシュアは地獄にはいないので、多分、天国です。
途中から、前回来た時のフレンドリーな話し方になり、
アメリアが死ぬまで一緒にいると。
数年後、結婚前にメディシスの両親に挨拶に行くことに。
ここでは、メディシスを呼び捨てで呼んでます!
年齢的にはかなり近くなってますね。

両親に会いに行った後、疲れたとメディシス。
その後、道でレナードと遭遇。結婚することと
両親に会いに行ったといったら、驚いてました。
メディシスの敵としての頭脳を認めていたり、
最近作った小さな会社の席を空けてくれたり、
割と言い人だったんですね~。
2人になったところで、グロリアとルチアーノの話を。
2人を刈った罪悪感があると。そのまま屋敷に行って
2人を思い出せたらよかったんですけど、そうはならないか。
夜、お墓参りをしていて、メディシスの前だけにダレンが
幽霊として現れました~!一瞬、ジャンかと思った…。(笑)
魂がなくても出てこれるんですね。
あ、結婚や狩ったことや隠し金庫の場所までも知っていました。
アメリアの前に現れないのはその資格がないからだと。
2人が去った後、グロリアと…、やっぱり、ジャンじゃないか!
ルチアーノもきた~!多分、メディシスにはバレてると。
そして、メディシスの方も気付いていました。(笑)
これはグロリアの頼みだったそうですが、何のため?
2人を狩ったことへの心の重荷を取ってあげたかったのかな。

「アイテム」のスペシャルアイテム

ファミリーの中で誰が一番モテるかというお話。
オペラ座での人気投票ではメディシスで、メディシスが
歳上キラーだとレオナルドとニコールに吹き込まれ、
そこにクラウディアがグィードが呼んでいると
メディシスを気絶させて連れて行ったので、
気絶させてもいいのか、と微妙に感心?するアメリア。

ジャンの実験その5。ジャンが戻る前でに飲めといったのが
育毛剤で、開封したら爆発?飲めば解除?みたいなことになり、
アメリアとヨシュアは避難。残ったヴィシャス、レオナルド、
メディシスはバラバラは嫌だと試しにメディシスが飲む流れに。
そうしたら、膝から下がもじゃもじゃに…。
次はヴィシャスが飲んだのが脱毛剤で、悲鳴っ!
ヨシュアたちが戻ってきて、残りを3人で一気飲みしたら気絶し、
とりあえず、ヴィシャスとレオナルドを運び、立って気絶中の
メディシスを見たニコールが自分の部屋に運んじゃった…。

メディシスルート終了!
ラストだったのでもう少し盛り上がりがあるかと思ってましたが、
思ったほどではなかったなぁ。一応、ちゃんと恋愛してますし、
アメリアの性格も悪くはないので、お似合いではあるけど。
ぶかぶかパジャマシーンはよかったです。
その後、手を出したかどうかは不明なのですが。(笑)
ラストの展開は他ルートと少し違って面白かったです。

ボイス担当は興津和幸さんで、私の中では定番の
爽やかボイスでとてもよかったです♪
メディシスがもう少しキャラ変するタイプだったら、
もっといろんな声が聴けてより楽しめたかな、とは思いますが。

乙女ゲーム「デス・コネクション」メディシス