PSP「デス・コネクション」PSP「デス・コネクション ポータブル」の
ヨシュアルートの攻略・感想・ネタバレです!
ヨシュア ルート

アメリアの兄代わり。アメリアには優しいけど、嫉妬深い一面も。
5歳の時、目の前でマフィアに殺されて憎んでいる。
教会に引き取られてから、アメリアの面倒を見ている。
いつからか、アメリアが好きになっていて、
他ルートではちょっと切ない立ち位置になったりも。
兄に徹してるとそうでもないんですけどね。
呼び方は「アメリア」「ヨシュア」。
地獄に堕ちた時の罪「嫉妬」(ルートによるので意味なし)。

共通ルートでわかったことは、ニコールから男女のことを
吹き込まれてヨシュアを意識した後、もっといろいろ
知りたいというアメリア。でも今まではヨシュアが
何も教えてくれなかったり、邪魔したりしてきたと。

ここからは2人ルートへ。大筋はレオナルドと被っているので
違うところだけ記載します。

街でヨシュアについてレオナルドに聞くと、
悪い人じゃないけど、いつか爆発しそうだと。
その後、ヨシュアがバーにいるだろうと指摘。
レオナルドのクリア後のシナリオなのか、ヨシュアの
好感度の高さで発生するのかわかりませんが、
一緒にいた派手な女との会話が追加されています。
昔はあんなに口答えしなかったと愚痴ってるところに、
女に家に誘われますが、抱く気はないとバッサリ。
いやいや、経験ないのにこの勇ましいセリフはすごいなぁ。
思わず、感心してしまった。(笑)
外に連れ出し、ヨシュアと話をする流れに。
あくまでも、アメリアにとっては兄のような人なので、
この時点でヨシュアが好きだといってもムダなんだよなぁ。
と本人もわかっているので、今は言わず。

ヨシュアが姿を消してホテルにいる時、探してくれたと
期待する半面、どうしようかと悩んでいるシーンが追加。
その後、ヨシュアから愛を告白された後、動揺する
アメリアを抱きしめてベッドで横たわるスチル!
死神たちに出会って、お互いが変わったのではなく、
ヨシュアが気持ちを抑えられなくなったということでした。

戻った後でニコールに相談すると、全員がヨシュアの気持ちに
気付いていて、アメリアだけが気付いていなかったと。
普通にしようと思っても意識してしまいますが、
その後でヨシュアが探しにきてくれたお礼と、
後悔はしてないと。そこから、翌朝の話題に流れるわけです。

レオナルドが花畑で大事な人がアメリアだと思い出した後、
ヨシュアにその話をすると、ヨシュアが男が近づいただけで
怒ったのは、自分のものだと思っていたからなのか、
彼氏が欲しかった、恋愛がしたかった、と怒るアメリア。

死神の戦いで傷つくヨシュアを看病すると包帯スチルあり。

レオナルドがグィードを殺すと言った後のヨシュアとの会話。
マフィアだから人を殺すんだと主張するヨシュアに、
自分がわかってあげられないだけだとアメリア。
どうして奴らの味方をするのかと壁に押し付けられた!
いやいや、十分ヨシュアも傷つけてるんですけど。(笑)
しかも、キスしてもいいかと~!
あー、拒否られてしまいました。ヨシュアの気持ちが
わかるだけに、苦しいなぁ。早く両想いにしてあげたい。

オペラででレオナルド以外の死神が消え、
クラウディアが追いかけてきたところでは、
ヨシュアがクラウディアを殺すと決意。
ヨシュアは力を使いながらも、レオを庇って死神の弾を受け、
最後はクラウディアに青い炎でトドメを。クラウディアは
燃えてしまったようです。

ここから個別ルートへ。

夢の中で、昔の映像がよみがえっています。
アメリアが男の子と楽しそうに話すのを見つけて
呼び止めて、連れ帰るというもの。
あの頃からアメリアが好きだと気付いたようです。

ヨシュアやレオナルドのそれぞれのセリフで、
ヨシュアの苦しみが人を殺したことになりそうだと予感…。
そして予想通り、クラウディアの幻に悩まされることに。
アメリアのために乗り越えると言いつつも、
起きている時も見えるようで、レオには
善人ほど心の闇が広がりやすいと指摘されます。
レオの場合は簡単に死ぬんだと思った程度だとか。
アメリアに好きだと言ったことを後悔し始めますが、
それは自分を過大評価しすぎてたということです。
人を一人殺しただけでこの状態なので、マフィアを
馬鹿にはできないと。

レオから見ると、ヨシュアはアメリアを守るためだとしても
自分も戦えるところを見せたかったんだろうと。
そして、死神たちは人を殺しているけれど、
自分だけは殺していないことが負い目だったみたいな
感じかな。あー、これでヨシュアも地獄行きか~。
ある意味、そのエンドは見てみたいと思ってたけど。

ヨシュアに気分転換をさせるために花畑へ。
ヨシュアの荒れた態度を見て、自分でしたことから逃げずに
乗り越えろと。それをレオに話すと、庇うのかと思ってたと。
心配になって探しに行くと、幻とアメリアを間違えて
アメリアを攻撃してしまい、レオに怒鳴られます。

目覚めたら、ヨシュアが鳴きそうな声でひたすら謝り続け、
この後から復活。朝からご飯を作ろうとしたり、
絶対に傷を治すと言ったり。テンションが高い!(笑)

そして、アメリアは自分とヨシュアの違いを考えるように。
ヨシュアはアメリアがいない世界を怖いと思ってから、
アメリアが他の男を好きになっても好きでいるから
それでいいと思い始めています。

ヨシュアに頼まれたセルビアがアメリアの悩みを聞きますが
慣れるか、男として見られるようになるか、という
まあ普通の答えが。誰に相談してもそうなるよなぁ。

食事の時、ヨシュアがフォークを落とした時、
レオナルドが左腕どうしたの、と?
あ、ヨシュアの左腕が怪我でほとんど上がらなくなっています!
弾の1つを摘出しているのでその影響ということです。
アメリアの傷よりこっちの方が重症じゃないですか~。
アメリアがリハビリで治そうということに。
その後はヨシュアを好きになれたらいいのにと答えたりで、
気持ちが少し変わってきてヨシュアが嬉しそうです。

クラウディアの幻がグィードの気配がしないから
教会に行こうということに。ヨシュアは人を殺したことや
アメリアのことで苦しんでいることを神父に話すと、
距離を置くようにとアドバイスされます。
その後、レオナルドにアメリアを頼んで、アメリアの反対を
押し切って、前回泊まったホテルに篭るヨシュア。

アメリアはレオから、アメリアの言葉でヨシュアが
苦しんでいること、いつまでもヨシュアが側にいるか
わからないこと、と言われてショックを。
報われない愛が続くとは限らないし、アメリアが他の男を
好きになったら、身を引くしかないだろうし。
いつも一緒というわけにはいかないということです。

ヨシュアは扉に鎖を繋いで出られないようにして、
クラウディアの幻と会話しつつ、アメリアに会いたい気持ちを
抑えていますが、食事も睡眠もとらなくなり、次第に
衰弱していきます。
そこで、クラウディアがアメリアとレオナルドの前に出現!
レオにだけ、ヨシュアの居場所と危険だと知らせ、
レオがアメリアを連れてホテルへ。ヨシュアを医者にみせた後、
ヨシュアが苦しかったこと、アメリアは好きかはわからないけど
ヨシュアが必要だということを口にします。
それを聞いたクラウディアが、それが好きって気持ちだと指摘。
クラウディアってヨシュアの幻かと思ったら、幽霊だったんですね~。
しかも、幸せの形が見たかったといって爽やかに消えちゃって、
最後の最後でいい人で憎めなくなっちゃったなぁ。(笑)
しかし、アメリアの「好き」があっさりひっくり返されて、
ちょっと拍子抜けだったかな。シチュエーションとしては
なかなかよかったんですけどね。ほんとにラブの方なのかなぁ、と。

クリスマスイブ、レオナルドがボスが死んだ教会で、
嫌いな男とデートだというので、後で行くと軽く聞く2人。
好きボケの2人なので、レオの異変に気付けなかった…。
この後、レオはジャンとバトルし、武器の能力を狩った後、
タイムリミットで消えてしまいます。

日が昇った後で教会に行くと、グィードと遭遇。
囁く者をアメリアが隠したと思い込み、攻撃してきます。
ヨシュアが対抗しますが、自分も撃たれ、アメリアまでも
撃たれてしまいました!その怒りで、グィードを殺してやると
能力を連発して倒し、瀕死のアメリアの手を握りつつ、
少しかわした後、アメリアが先に逝ってしまいました…。
マジか~、こんな悲しい展開が待っているとは。(泣)

ヨシュアが死んだ後、地獄へ!待ってました~。
いや、悲しいんだけど、この展開は予想してましたし。(笑)
先に戻ったレオナルドと遭遇し、事情を説明した後、
レオの作戦にかけてみるという展開に。
アメリアは上に逝ったから輪廻転生されるはずなので、
グィードとヨシュアが契約して死神になり、
転生されたアメリアがコールするのを待つというものです。
この終わり方、面白い!

ハッピーエンドは、両親がいない少女が路上でお腹を
すかせていたら、一つの指輪を拾います。
そうしたら、ヨシュアがコールされました!
数年後のことで、目の前のアメリアにそっくりの子供が
コールしたことやアメリアという同じ名前であることに
驚く反面、泣いて喜び、少女と一緒に生きていくことに。
すごくヨシュアの話し方が優しいなぁ♪

バッドエンドは、死んで地獄に来たヨシュアが
レオナルドに事情を話した後、もう一度だけ会いたいと
思うだけで終了。

「メモリーズ」のスペシャルイベント

アメリア少女を連れて親代わりの神父がいた教会へ。
しかし、神父はもうおらず。どのくらい経ってるのかなぁ。
2人が出会って15年後くらい、アメリアは大学生に。
ヨシュアがお祝いに何が欲しいか聞くと、ヨシュアがいいと!
おおっ、今回のアメリアはそういう子なのね~。
当然、歳をとらないことも死神であることも知っていて、
いつの間にかヨシュアを好きになっていたということでした。
このアメリアは、ヨシュアが時々、自分の後ろの誰かを
見ていることに気付いていました。でも好きだと。
ヨシュアも前のアメリアと重ねていたけど、
今は違うと分かり、愛していると。
ということで、結婚式でのキススチルで終了!
同じ魂だけど、別人格ということでハッピーか~。
これは予想外で面白いです。

地獄で、ヨシュアと転生したアメリアがどうしてるのか
楽しそうに話している死神たち。ジャンが器をダレンに替えに
下に行くというので、レオナルドがくっついていく流れに。
会話を聞いていると、レオって意外とジャンの立ち位置に
なれそうなんだよなぁ。そして、後ろが盛り上がりすぎ。(笑)
結婚したヨシュアに真実を聞く転生アメリア。
昔、人を殺して地獄に堕ちたこと、契約によって死神に
なったこと、血の繋がらない妹を好きになったこと、
転生アメリアにコールされるまでの経緯、いつの間にか
前のアメリアを忘れ、今のアメリアを好きになっていたこと。
というところでレオが登場!でもアメリアは驚かず。
アメリアが先に告白したのは、自分が言わないと
ヨシュアが言ってくれそうもないと思ったから。
まあ、子供の頃から育ててくれたお兄ちゃんだから、
同じことの繰り返しだと思うところなので。
そして、レオは地獄へ戻っていきました。
この話を他の死神に話して盛り上がってるんだろうなぁ。
この後、帰り道でアメリアからキス!
キスは初めてではないけど、奪われたのは初めてだと
ヨシュアが驚いています。死に別れからのハッピーエンドで
ほっとしつつも、別人なので、少し微妙な気分かなぁ。
でも幸せだからいいのかな。

「アイテム」のスペシャルアイテム

カジノで設けたヨシュアがアメリアに好きな服を
買っていいといったら、ニコール、セルビア、
クラウディアが登場!おごってもらう気満々です。(笑)
クラウディアが選んだ服をアメリアに試着させ始め、
アメリアが胸が見えると言っているので、
即効でその服を買うと決断するヨシュア。下心見え見えだ…。
しかし、試着していたのはクラウディアでした!

ジャンが、一番強い者に望みを1つ叶えてやると。
参加者は、グロリア、ニコラス、メディシス、ヨシュア。
この世に1本しかないアルコールの入っていない
酒ということですが、セルビアが匂いでダウン。
一番お酒に強いヨシュアが飲んだら、一杯でダウン!
しかし、グロリアは平気、と思いきや、全員アウト。
ジャンだけは平気そうですが、どんなお酒なの?(笑)

ヨシュアルート終了!
人間ということで、エンディングが他のキャラと全く違う
面白い展開でした~!アメリアがヨシュアを好きだと気付く
あたりや転生したアメリアを好きになるというのは
微妙な感じもしますが、設定はすごく面白いです。
他ルートではウザいくらい絡んでいましたが、個別では
ヨシュアの苦しい恋は切なかったなぁ。
アメリアが悪いわけじゃないけど、なかなか兄から
抜けられないでいるので、ヨシュアに悪い気に
なっちゃいましたし。(笑)
ヨシュアの死神展開は期待通りでよかったです。
できれば、ヨシュアを混ぜた地獄での楽しい会話が見たかったなぁ。
そういえば、ヨシュアが能力をつける過程が描かれてませんね。
そこ大事だと思うんですけど。おしい。

ボイス担当は堀江一眞さんで、今回初めてでしたが、
爽やかな声質はヨシュアにピッタリでした!
声質が宮野真守さんに似てるなぁと途中で思ったりも。
キャラソンを聴くと似てはいないのですが。

乙女ゲーム「デス・コネクション」ヨシュア