声優DVD企画「人狼バトル3 ~人狼VS探偵~」の視聴感想です!
真面目なとある人間のかく乱が、人狼側に破綻を起こしたのが、
結果が分かった時に爆笑させられて、すごく面白かった~♪
ある意味、ミラクルプレイ?!d(。・∀・。)笑

「人狼バトル3~人狼VS探偵~」
人狼ゲーム
20世紀前期のヨーロッパで原型が生まれ、
何十年もかけて洗練されてきた十数人で楽しめるパーティゲーム。
プレイヤーは“人間”側と“人狼”側に分かれ、
会話により人間に紛れ込んだ人狼を探し出す昼のターンと、
人狼が人間を襲撃する夜のターンを繰り返すことでゲームが信仰する。
生き残るのは、人間側か人狼側か。
勝利を求めて繰り広げられる言葉を尽くした頭脳戦や
特殊能力の発動などにより、ときに思いがけないドラマチックな
展開を見せるのがゲームの魅力である。

今回のストーリー
天才的頭脳を持つ怪盗ノエルが手に入れたいと思っているのが
ライバル・名探偵。彼に召喚された10人の若き探偵たちの
頭脳を試すため、人狼ゲームをさせることを思いつく。

出演者
蒼井翔太
柿原徹也
下野紘
鈴村健一
鳥海浩輔
野島健児
野島裕史
増田俊樹
村瀬歩
安元洋貴
永石匠(怪盗ノエル)

ゲームのルール
・椅子の上に置かれた役職が書かれたカード(外から中は見えない)を
 ランダムで引くので、他プレイヤーの役職を知ることはできない。
 役職はゲームや人数によって組み合わせが変わるが、
 ゲーム開始前に、どの役職が何人かは知らされる。
・人狼は自分を人間だと偽っているので、
 人間側は言動からそれを見破らなくてはならない。
・人狼は自分に不利な人間や役職を持っているプレイヤーを
 探し出して追放することになる。
・昼は誰を追放するかを決めるための話し合いが行われ、
 日暮れ前に、投票で決まった1人が追放されて
 ゲームから離脱することになる。
・投票が同数だった場合は決選投票となる。
 決選投票で2回同数だった場合は追放者なしとなる。
・夜は人狼側が人間側の1人を追放する。
・追放される時、そのプレイヤーの役職は発表されないので、
 決着がつくまで残った役職は正体を明かさない限り分からない。
 去り際にヒントを与えることができる。
・全ての人狼を追放したら人間側の勝利、
 人狼と人間の数が同じになったら人狼の勝利となる。
 (人狼と人間は1対1では人狼の方が力があるという設定のようなので
 同数になった場合は、自動的に人狼の勝利となる)

今回使われた役職

人間(村人)
何の能力も持たないただの人。
人狼を見つけ出して投票で追放するのみ。
作戦によっては、能力者を守る言動をしたり、
自分が人間だと告白して、人間側の結束を固めるということもある。
能力者のように姿を隠す必要はないので、積極的に発言しやすい立ち位置。

人狼
今回は3回戦とも2匹の設定になっている。
役職が決まった後、全員が目をつぶらされている時に、
ゲームマスターの指示で、人狼同士は目を開け、
お互いの存在を知ることができるので、
見えないところで協力体制を取りつつ、人間側を追放することができる。
人狼は正体がバレると投票で追放されるので、
自分は人間側であるという嘘を貫くことになる。
当然、人間側も自分は人間だと主張するので、それに紛れる感じ。

預言者(占い師)
怪しいと思ったプレイヤーの正体を夜にゲームマスターから
教えてもらうことができる能力者。
今回はゲーム開始時に最初から1人だけ人狼ではない人を
教えてもらっている。人狼にとっては一番厄介な役職。
見抜けるのは人狼か人間かだけで、能力者かどうかは分からない。
(裏切り者も人間なので、人間だけでは敵か味方か判断できない)
これで人狼が分かれば追放に向かって動くことになる。
さりげなく、人狼に疑いがかかる言動をするか、
告白で自分を犠牲にして人狼1匹を追放するか。
(告白後の夜に、間違いなくもう1匹の人狼に追放されるので)
誰の正体を知るかは最終的には預言者が決めることになるが、
昼の話し合いで、誰かを見てもらおうと指摘されることもある。
当然、人狼に狙われやすいので、ギリギリまで正体は明かせないが、
ボディガードがいれば守ってもらうという作戦もあり。
ただし、正体を明かした後、ハンターが追放されると
次の標的が預言者になってしまうので、告白はタイミングが必要。

ボディガード
夜に選んだ1人を翌朝まで人狼から守る能力者。
人狼のターゲットをボディガードが守った場合は、
人狼は誰も追放できないことになる。
ただし、2夜連続で同じ人を守れないし、自分を守ることもできない。

裏切者
人狼を勝たせるために行動する人狼側の人間。
特別な能力はないが、死を恐れずに嘘をつくことができる。
(自分が死んでも人間側の数が減るだけなので)
ただし、人狼の正体はお互いに知らないので、
人狼を推測しつつ、かく乱していく必要がある。


第3弾もメンバーが総入れ替えになっています。
しょっぱなで、鈴村さんのムチャ振りによる、
下野さんの即興歌が披露されてます!(笑)

タイトル「名探偵シモノby埼玉」

♪名探偵シモノ 埼玉にやって来たぜ
あの怪盗を捕まえるため ナイスバディ使って 倒すぜ♪


名探偵シモノは頭を使わないそうです。(笑)

今回は、これまでの2本とはルールが違います。
追放者の役職が明かされないということで、残っている人の
役職の数が分からないので、結果が分かるまで、
微妙にもやもやするというか、最後まで疑う要素が多くて
誰が何なのかわからないままでしたが、これはこれで面白かったです。
少なくとも、決着がつかない限り、最低でも人狼1人がいることだけは
わかるんですけどね。
そして、新しい役職が出てきました!
探偵という普通の世界なので、役職の名前も普通系に。
裏切者は人間なのに人狼側というのが面白いなぁ。

村瀬さんの口ぐせは「ウィッス」なのかな?
それに乗っかって、カードを引く時にボケが流れていって笑えました。
頭の回転の良さもすぐに分かりますね。
野島兄弟が揃っての登場はかなり嬉しいです。
ツイッターではちょくちょく絡みがある程度ですが、
2戦ともなぜか隣に座るこの兄弟のやりとりに注目してました。(笑)
自称「M」だけど「S(会社名)」の蒼井さんがすごくよくしゃべることに
かなり驚いたなぁ。うたプリでも4thでは結構しゃべってたけど、
ソロライブとか番組出演とか色々やられて、成長が見られる感じかな。
しっかりした発言とかカッコ良かった!
鈴村さん、鳥海さん、安元さんは元々好きだから、安心して観てました~♪
鈴村さんがリードするのかと思いきや、かなり踊らされてましたが、
2回戦目はなかなか。(笑)
鳥海さんは発言が少なかったし、嘘をつくのが苦手なのかな。
安元さんは発言力が高くて、しかも面白いしで最高!
増田さんはかなり真面目ですね。振られるとちゃんと発言するけど、
真面目すぎて信じてもらえないタイプなのかな。
みんなにいじられる役どころが面白かったです。(笑)
柿原さんはボケを入れつつ浮き沈みしてたけど、
割と顔に出てた感じがするなぁ。
疑われてもなかなか票が入らないのが不思議な立ち位置でした。
下野さんは前半は上手く潜んでてナイスアクションでしたが、
後半は真面目に考えていたけど、推測がずれてたというところが、
後から結果を知ってみると笑えました。(笑)

ちなみに、追放者ルームでは役職が明かされるので、
それを知りながら、楽しんでます。

今回の参加グループは、うたプリが圧倒的に多いですね。
蒼井&下野&鈴村&鳥海さんと4人。
番組「モテ福」繋がりでは蒼井&増田&村瀬さん。
「禁断生ラジオ」繋がりでは鳥海&安元さんに柿原&鈴村さん。
Kiramune繋がりでは柿原&鈴村さん。
呼び方から、柿原さんと安元さんもかなり仲が良さそうです。
シグマ・セブン繋がりでは野島兄&安元さん。
野島兄弟は鈴村さんたちとも仲良さそうな感じかな。
でも、全体的に仲がいいムードですね。

1回戦目は、人間5人、預言者・ボディガード・裏切者各1人、人狼2人
しょっぱなでボディガードが告白しちゃったのは作戦ミスかなぁ。
疑われたから投票されて1回目で消えるのは困るけど、
人間だと主張した方が無難な気もするかな。
結局、1夜目で消されなかったので、ちょっとラッキー。
「ぽんこつ」発言で誰が預言者がわかったなぁ。
普段、人の悪口を言わなそうな人が発言したから。
人狼を見抜けずに落ち込んでましたが、去り際のヒントは重要。
「つまらない人間」の人はもっと人間を主張すべきでしたね。
一番右往左往してた鈴村さんが最後の最後でナイス発言!と思ったら、
アウト発言だった~。最後まで踊らされてるなぁ。(笑)
追放者ルームでも裏切者は感心されてましたしね。

2回戦目は、人間5人、預言者・ボディガード・裏切者各1人、人狼2人
今回はただの人間であろう方々がリードしてる感じです。
1回目で追放者なしというミラクルが!
決選投票2回は追放者なしになるのかぁ。
まあ、入れる人を変えると疑われる可能性があるから、
永遠に変えない可能性があるということからかも。
1人追放されたところで、預言者が名乗りを上げ、
見事に人狼を看破してて、人間側が有利に。
ここで、預言者が本物だと分かりますね。
この後のみんなの疑いまくりが人狼ゲームならではなのかな。
今回は残った役職が何人いるのか分からないのが難しいところだなぁ。
連続ボディガードの人はかき乱しただけだったと言ってたけど、
ちゃんと仕事してたから、告白のタイミングはよかったと思うし、
守る順番も良かったと思うなぁ。
ここで、追放時に役職が明かされてたら、票を入れた人が人狼や
裏切者だということに気付けるんだけどなぁ。惜しい。
もう一人の人狼を追放したところで、人間4人が残りましたが、
喜んだ3人と落胆した1人で裏切者が発覚。
裏切者が人狼2人を追放しちゃったのがここで大爆笑!
こういうこともあるんですね~。
当然、追放ルームで大ツッコミされてます。
下野さんの発言は人間も人狼もかく乱させてたみたいです。(笑)

今回の役職

・1回戦(人狼の勝利)
人間:柿原、鈴村、鳥海、野島兄、村瀬
預言者:蒼井
ボディガード:増田
裏切者:安元
人狼:下野、野島弟
★追放された順番 ⇒ 村瀬、鳥海、野島兄、増田、安元、蒼井、安元

・2回戦(人間の勝利)
人間:蒼井、下野、鳥海、野島兄、村瀬
預言者:野島弟
ボディガード:増田
裏切者:柿原
人狼:鈴村、安元
★追放された順番 ⇒ なし、野島兄、安元、村瀬、増田、野島弟、鈴村
(1日目昼の追放者はなし)

今回は1ゲームがそれぞれ長かったので、2ゲームのみでした。
全体的に嘘が下手な人がかき回してたようなところもあって、
それをポーカーフェイスが上手い人が手玉に取ってた感じでした。
裏切者と人狼は誰か分かっていないから、その勘違いも面白かった!(笑)

蒼井さんは能力者の時は前半に発言できなかったけど、
後半や2回戦目の人間の時は言動がしっかりしていて感心!
同じ意味で、村瀬さんもしっかりしてたなぁ。
1回戦目の去り際の捨て台詞が怖い~。
かわいい系以外にも怖い系ボイスもできるんですね。(笑)
増田さんはしっかり考えてるのがすごく良く分かって、
好感度がアップしましたよ~♪(≧◡≦)♡
もっと笑顔を見たかったというのは少し残念だけど。
裕史さんは常に健児さんに疑われ、2戦目で逆に疑うという
兄弟ならではの面白さがありました~。
去り際の「健児バーカ!」に爆笑。(笑)
健児さんは能力者2回ということで大役で、
どちらもちゃんと全うしてたので素晴らしかったです!(* ´ ◡`*)
あ、ちなみに、ご自分のキャラTシャツ着てますね。
柿原さんと鳥海さんは割と嘘が下手なのかなという印象。
鳥海さんの「42歳、ただのつまらない人間です」には大爆笑!
ほんとに人間だったのに、主張が薄すぎたなぁ。
鈴村さんは1戦目は、始終、安元さんに踊らされまくってたけど、
最後にビシッと決めたのがカッコよかったなぁ。(๑•̀ㅂ•́)و✧
人間だと何もできないことを悔しがってるのは笑えたけど。
本当は会話をリードできる立ち位置ではあるんですけどね。
2戦目はそのあたふたした感じに騙された…。(笑)
下野さんは人狼側では上手いこと潜んでたのがナイスだったけど、
人間では推測がずれてるのが最後の最後で面白かったです。
柿原さんも能力者の時はところどころボロ出してる感じだったから、
嘘が下手なのかなぁと思いながら見ていました。
安元さんはどっちにしても上手すぎた!
人間側としても人狼側としても立ち回りが上手いですね。
と思ったら、バリバリやってる経験者ということでした。
道理で上手いはずだー。Σ(・∀・。)

男性声優の人狼ゲーム3本を視聴しましたが、
どれも本当に面白かったです~♪
それぞれの人の良さだったりが分かって楽しい企画なので、
続編もぜひ出して欲しいなぁ。

声優DVD企画「人狼バトル3 ~人狼VS探偵~」