声優DVD企画「人狼バトル ~人狼VS勇者~」の視聴感想です!
男性声優9人の笑いと腹の探り合いが面白すぎるなぁ♪(* ´ 艸`*)

「人狼バトル~人狼VS勇者~」
人狼ゲーム
20世紀前期のヨーロッパで原型が生まれ、
何十年もかけて洗練されてきた十数人で楽しめるパーティゲーム。
プレイヤーは“人間”側と“人狼”側に分かれ、
会話により人間に紛れ込んだ人狼を探し出す昼のターンと、
人狼が人間を襲撃する夜のターンを繰り返すことでゲームが信仰する。
生き残るのは、人間側か人狼側か。
勝利を求めて繰り広げられる言葉を尽くした頭脳戦や
特殊能力の発動などにより、ときに思いがけないドラマチックな
展開を見せるのがゲームの魅力である。

今回のストーリー
魔物に狙われた世界を守るために、女神ナナの指示により、
賢者コーダに異世界から召喚された勇者たちの声の力で
世界を救うことはできるのか?

出演者
江口拓也
逢坂良太
近藤孝行
立花慎之介
豊永利行
羽多野渉
日野聡
平川大輔
水島大宙
児玉健(賢者コーダ)

今回のゲームのルール
・椅子の上に置かれた役職が書かれたカード(外から中は見えない)を
 ランダムで引くので、他プレイヤーの役職を知ることはできない。
 役職はゲームや人数によって組み合わせが変わるが、
 ゲーム開始前に、どの役職が何人かは知らされる。
・人狼は自分を人間だと偽っているので、
 人間側は言動からそれを見破らなくてはならない。
・人狼は自分に不利な人間や役職を持っているプレイヤーを
 探し出して追放することになる。
・昼は誰を追放するかを決めるための話し合いが行われ、
 日暮れ前に、投票で決まった1人が追放されて
 ゲームから離脱することになる。
 だだし、去り際に一言ヒントを与えることができる模様。
・投票で複数のプレイヤーが同数だった場合は、
 同数の中で決選投票が行われる。
・夜は人狼側が人間1人を追放する。
・追放される時、そのプレイヤーの役職が発表されるので、
 残りの役職数が分かる。
・全ての人狼を追放したら人間側の勝利、
 人狼と人間の数が同じになったら人狼の勝利となる。
 (人狼と人間は1対1では人狼の方が力があるという設定のようなので
 同数になった場合は、自動的に人狼の勝利となる)

今回使われた役職

人間(村人)
何の能力も持たないただの人。
人狼を見つけ出して投票で追放するのみ。
作戦によっては、能力者を守る言動をしたり、
自分が人間だと告白して、人間側の結束を固めるということもある。
能力者のように姿を隠す必要はないので、積極的に発言しやすい立ち位置。

人狼
今回は3回戦とも2匹の設定になっている。
役職が決まった後、全員が目をつぶらされている時に、
ゲームマスターの指示で、人狼同士は目を開け、
お互いの存在を知ることができるので、
見えないところで協力体制を取りつつ、人間側を追放することができる。
人狼は正体がバレると投票で追放されるので、
自分は人間側であるという嘘を貫くことになる。
当然、人間側も自分は人間だと主張するので、それに紛れる感じ。

ハンター
自分が追放される時、誰か1人を道連れ(追放)にできる能力者。
投票であっても、夜に人狼に追放されても、道連れを選ぶことになる。
早い段階だと、数が多い人間を道連れにしてしまう可能性が高い。
ハンターが追放されることで、人狼側の勝利が確定した場合は
何もできない。(結局は人狼の勝ちなので)

預言者(占い師)
怪しいと思ったプレイヤーの正体を夜にゲームマスターから
教えてもらうことができる能力者。今回の人狼にとっては一番厄介な役職。
見抜けるのは人狼か人間かだけで、能力者かどうかは分からない。
これで人狼が分かれば追放に向かって動くことになる。
さりげなく、人狼に疑いがかかる言動をするか、
告白で自分を犠牲にして人狼1匹を追放するか。
(告白後の夜に、間違いなくもう1匹の人狼に追放されるので)
誰の正体を知るかは最終的には預言者が決めることになるが、
昼の話し合いで、誰かを見てもらおうと指摘されることもある。
当然、人狼に狙われやすいので、ギリギリまで正体は明かせないが、
ハンターがいれば守ってもらうという作戦もあり。
ただし、正体を明かした後、ハンターが追放されると
次の標的が預言者になってしまうので、告白はタイミングが必要。

狩人
夜、人狼が人間を追放する時、誰か1人を守ることができる能力者。
人狼の指定した人間と一致すれば、誰も追放されない。
守る相手は、能力者が優先的となる場合が多い。
ただし、自分を守ることはできない。
人狼側にとっては面倒な役職なので、狙われないようにする必要がある。
正体を明かすと真っ先に狙われるので、基本的には告白はできない。

恋人
ゲームマスターの指示で、ゲーム開始直後に
お互いの存在を知ることになり、最初から自分を含めた人間側2人が
分かっているので、人狼を探しやすくなる。
ただし、片方が追放されるともう1人も道連れで追放されるため、
2人ともが正体を明かすにはタイミングが必要。
狩人がいれば、夜、人狼から守ってもらえるので、
序盤では1人だけ恋人だと告白することもあり。
信じてもらえれば、人狼の疑いから除外されるので、
他の人間も人狼を見つけやすくなるというメリットがある。


ドラマCD「王子様(笑)シリーズ バラエティドラマCD 4th Legend」で
人狼ゲームをしているシーンがあって、
男性声優さんの人狼もずっと気になっていたので見てみました。
男性声優さんの動く姿はあまり見たことがないので、
新鮮な気持ちで推理しつつ見たのですが、予想以上に面白かったです!
ブログやツイッターで、何となく人柄を知っている方もいれば、
声しか知らない水島さんとかを知ることができて楽しいです。
特に面白かったのは、近藤さんと豊永さん!
近藤さんはいいなぁ。言動がすごくかわいいし、
役職が「僕はヒラです」って面白すぎるなぁ♪(* ´ ◡`*)
豊永さんは志村けんさんのモノマネが似てた!
立花さんは、外務大臣ネタで場を和らげたと思ったら、
鋭いツッコミをしたり、毒を吐いたりと、常にゲームをかく乱。
こういうタイプは何を言っても真っ先に疑われたり、
いると面倒くさいと思われて、追放されちゃうんでしょうね。(笑)
人狼ゲームに慣れている江口さんは、どちら側にいても
心強いけど、慣れているだけに疑われやすいのか~。
仲がいい組み合わせで召集されたのか、わきあいあいとしてます。
ちなみに、近藤・日野・立花さんはDABA組だー!(≧◡≦)☆

1回戦目は、人間5人、預言者1人、ハンター1人、人狼2人
仕事で知り合ったお友達と人狼で遊んでいるという江口さん以外は、
人狼が初めてとのこと。
そのために、事前にリハーサルを2回やったようですが、
これが人狼の1人にダメージを与えていたようです。(笑)
1回目は初心者っぽいところが出てしまっている人もいたり、
頭が切れる立花さんが早々に人狼を見抜いたという
見せられなかった見せ場もあったり、
慣れている江口さんが疑われた時に早々に役職を告白したりで、
ゲーム自体は割と早く終わってしまった感じです。
自分も推理しながら見てたのですが、全然分かんなかったなぁ。
ただ、人狼が誰かによって、ゲームの展開って全然違うと分かりました。
今回の人狼は優しくて表情に出やすい組だったので、
割とあっさり見抜かれたという感じかな。
平川さんの「狼の皮をかぶった羊」は名言!

2回戦目は、人間4人、預言者1人、ハンター2人、人狼2人
ハンターが2人となって、人間側が少し不利になりましたが、
今回の人狼側は手ごわかった!
前回の人狼のイメージもあるから、それを引きずりそうだけど、
ランダムなので、リフレッシュしての腹の探り合いですね~。
よくしゃべる人、あまりしゃべらない人、1回目と様子が違う人。
そんな目で探ってみたら、役職がない人は割とリラックスした
雰囲気が出てるかな。
豊永さんと水島さんの「大宙さん、僕、人間です」
「よく見たら、人間だったね」に大爆笑しちゃいました!(笑)
ただ、今回はメンタルが強い人狼なので、疑われてもスルーしたりで、
今回は人狼の勝利。この人狼組、最強かも。
日野さんの無表情からの笑顔が面白かった!

3回戦目は、人間4人、恋人2人、狩人1人、人狼2人
新たに、恋人と狩人が投入されましたが、ハンターと狩人って
違う設定なんですね。ハンターは撃つのみ、狩人は守るのみ。
恋人はおっとり系のお2人で、早々に1人が告白。
狩人は初役職のあの方で、ちょっと嬉しかったんですね、
全然分からなかったけど、ビックリするくらいの早さで見抜かれた…。
これが人間側には痛かったなぁ。(笑)
今回の人狼組は経験値を積んでパワーアップしてるっ!
前回の役職設定のことも微妙に推理に含まれちゃってるので、
何を言っても疑われる人、それを逆手に取る人がいましたし、
今回は人狼が人狼に投票して疑われないようにしたのと、
早々に狩人を追放したところが勝利に繋がった感じでしたね~。
日野さんが心の中でガッツポーズをした無表情の瞬間が、
人狼を追放するチャンスだったのに、それに気付いた豊永さんと
平川さん、残念~。(笑)

追放された方々は、プレイルームで続きを観戦していますが、
結果を知らないので、推理しながら、自分ならどうすると
意見を言い合っていてこっちの方も面白かったです。

今回の役職

・1回戦(人間の勝利)
人間:逢坂、立花、豊永、日野、水島
預言者:近藤
ハンター:江口
人狼:羽多野、平川
★追放された順番 ⇒ 羽多野、立花、平川

・2回戦(人狼の勝利)
人間:逢坂、立花、豊永、羽多野
預言者:近藤
ハンター:平川、水島
人狼:江口、日野
★追放された順番 ⇒ 立花、逢坂、水島、豊永、羽多野

・3回戦(人狼の勝利)
人間:江口、立花、平川、豊永
恋人:近藤、水島
狩人:逢坂
人狼:羽多野、日野
★追放された順番 ⇒ 江口、逢坂、立花、近藤、水島

人狼率が高かった羽多野さんと連続での預言者の近藤さんはミラクル!
そりゃ、羽多野さんは笑えちゃうよなぁ。(笑)
3回目の羽多野さんの人狼はお見事。
表情が出やすかったのが平川さんと羽多野さんですが、
全て人間だった豊永さんはいい感じで引っ張ってたし、
推理もなかなか良かったけど、誤射されたというアクシデントや
細かなコメントが面白すぎたなぁ。(笑)
真面目に淡々と立ち回っていたのは逢坂さんと水島さん。
2・3回目で役職についてしまったがために、
それぞれの言動が変わったのが分かって面白いです。
ポカーフェイスで立ち回っていたのが日野さんで、
一番感情が読めなかったので、この人の人狼は怖い。(笑)
言葉でのかく乱と鋭い洞察力だったのが立花さんは
早々に退場させられるそんな役回りだったかな。
それにしても、ELEKITER ROUND 0 のお2人は鋭いなぁ。
人狼に慣れていて弁が立ってた江口さんは
ほんわかとした楽しいキャラが好きだけど、
今回のゲームの丁寧な説明や推察が素晴らしかったです!

人狼ゲームは頭を使うから、参加する勇気はちょっとないけど、
第3者目線で見ていると、すごく面白いです。
オンラインゲームでは、いろんな役職があるみたいです。
人狼側には「狂人」「狂信者」なんていう役職もあるらしいし、
村人と人狼以外の第3勢力もあるらしいです。
いやぁ、奥が深いなぁ。(。・o・。)ヘェ~

声優DVD企画「人狼バトル ~人狼VS勇者~」